鈴木工務店

埼玉の注文住宅は宮代町の鈴木工務店におまかせください。
長期優良住宅やZEHなど安心の家づくりを行っています!

お気軽にお問い合わせください。電話番号0480-34-1472 受付時間/9:00〜18:00 日曜定休

メールでのお問い合わせはこちらから

ブログ

カテゴリー

アーカイブ

|Date:2018年2月28日 | Category:お知らせ/未分類/雑記 |

すこしずつ気温が上がってきてが近づいてきた感じがしますね。

3月と言えば3月3日のひなまつり、人形の町さいたま市岩槻区のひなまつりも有名ですが、鴻巣市で鴻巣びっくりひな祭りを開催して話題になっています。14回目の開催となる今回は、全国的にも有名となった“ひな人形で飾る日本一高いピラミッドひな壇”31段高さ7mのひな壇が圧巻です。2月16日~3月11日(日曜日)色々なイベントもやっています。お子さんを連れて見に行く価値ありです。詳しい内容は鴻巣市びっくりひな祭りホームページで確認できます。

http://kounosubina.main.jp/ 鴻巣びっくりひな祭り

 pic_poster2018pic_main2017

また、3月は卒業などで新しい環境になったり、春休みを楽しみにしているお子さんも多いでしょう。

そこで、になって暖かくなり少し変わったレジャーとしてお子さんと簡単にできて楽しめる潮干狩りの紹介です。実は1年中、遊べるのですが、ベストシーズン3月~6月頃まさにです。水温や気温、海水の量でストレスなく楽しめます。

海無し県、埼玉からも簡単にいける距離で”無料“で人気スポットあります。シーズンによって満潮と干潮の時間が変わるので事前に調べてから出掛けましょう。おいしいアサリ、ハマグリ、ホンビノス貝など色々取れるようです。詳しい内容は、下記の各ホームページを参考にしてください。

http://www.tptc.co.jp/park/01_02 お台場海浜公園&台場公園 【東京都港区】

img_point14shiohigari

http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/park/uminokouen/clamming.php 海の公園【神奈川県横浜】

9dc8557ac10ec6caf13b6ffd76dd2210a8e28368

http://www.kamisu-kanko.jp/kaisuiyoku/ 波崎海水浴場【茨城県神栖市】

VkTpCvVH

お子さんとの思いで作りに、このに出かけて見たらいかがでしょう。

|Date:2018年2月8日 | Category:未分類/雑記 |

2月に入り節分後、立春を迎えましたが、まだまだ、寒い日が続いてますね。空気が乾燥していて、回りで風邪やインフルエンザ A型・B型共に流行ってますね。テレビでも記録的患者数だそうです。季節の変わり目で体調を崩しがちですが、みなさまの回りでも風邪をひいているかたはいらっしゃいますか?

咳イラスト-1024x767

風邪予防にはまず食べる事、そこで、2月と言えば”カキ“2月頃は産卵に向けて蓄えた栄養がピークになりプリプリのおいしい”カキ“が楽しめる時期です。養殖で有名な広島の大粒牡蠣を 生で、焼きで、鍋で、おいしく頂きたいですね。

18ce4bf829d227ab714bdedb2d4f7f9d

又、風邪予防にはビタミンC 2月は果物の八朔(はっさく)が旬を迎えます。ビタミン豊富な八朔を薄皮と一緒に食べると風邪予防になるといいます。

kP1uqNLp-2

おいしい物で滋養を付けて来る春に備えたいですね。

|Date:2018年1月18日 | Category:未分類/雑記 |

新年が明け1月も末になりました。

2月と言えば「節分

節分とは「(季節)」を「ける」と言うことで季節の分かれ目「立春の前日」を意味しているそうです。

節分と言ったら豆まき、炒った大豆を鬼の面を被り、鬼に扮した大人に、子ども達が豆を手に、大きな声で「鬼は外、福は内」と言いながら鬼を家から追い出します。自分の家ではなぜか落花生でした。

fuyu2

なぜ、鬼を追い出すのか?「季節の変わり目は邪気が入りやすい」と言う考えを元に行われ、現在もその名残の習慣として豆まきが続いています。「年の数だけ豆を食べる」年齢の数の豆を頂くと健康で過ごせると言います。近年は高年齢の方も増えました、数にこだわらず召し上がってください。

近年は関西、大阪地方を中心として行われる「太巻き(巻き寿司)」を食べる習慣「恵方巻(えほうまき)」が関東でも流行、日が近づくとスーパーやコンビニでも売られるようになりました。

988359-min

恵方」と言う言葉は歳徳神(としとくじん)と言う神様がいる方角の事で、毎年方角は変わる事になっていて、その年の福徳を司る神様だと言われているようです。

食べ方は「しゃべらないほうがいい」「恵方を向いてたべる」「太巻きをきらないほうが良い

2018年(平成30年)の恵方は戊(つちのえ)南南東やや右、だそうです。

家族みんなで恵方の方角に向き、もぐもぐもいいですね。

|Date:2018年1月7日 | Category:未分類/雑記 |

日の出

新しい年がはじまりましたね 今年もよろしくお願いいたします。

年末からお正月を楽しみにしていた方も多いのでは、どんなお正月を迎えられたのでしょう。

食べて飲んでちょっと太ったかな・・・?

そこで、春の七草と呼ばれる1月7日の七草粥は、無病息災と立身出世を願った行事食です。行事食でありながら、年末年始に食べ過ぎて負担がかかってしまった胃を休めるためには、非常に良いメニューといえます。最近ではスーパーでも「七草セット」になって買えます。1月の行事食として風習として残していきたい料理です。

七草粥七草2

七草粥7種類の葉物野菜が入っているだけの質素な粥です。スーパーで豊富な食材が手に入る現代において、味気のない印象で少し苦手と感じる人もいるかもしれません。七草にこだわらず、ほうれん草やカボチャ、にんじんなど冬の野菜でアレンジしておいしくて胃に優しい粥を頂くのもいいのでは。

体調を整えて今年もがんばっていきましょう。

|Date:2017年12月20日 | Category:未分類/雑記 |

12月に入り装飾のイルミネーションが始まりすっかりクリスマスムードですね。

images

12月は忘年会クリスマス大掃除と年末の行事が多いですね。

有名寺社などで年末の風物詩になっている「すす払い」がテレビのニュースで流れ始めましたね。行事的な「すす払い」は、一般的には「大掃除」と考えてよいでしょう。お正月を迎える 歳神様をお迎えする準備の、最初の行事である「清掃」ということになります。

images4index2

晴れた少し風がある日が大掃除に適した日のようですから、玄関や窓、換気扇など日頃は清掃しない場所を隅々まで汚れを取り払い、歳神様を気持ちよくお迎えしたいですね。最近、正月飾りをしないお宅もありますが、大掃除が済んだら、門松としめ飾りを歳神様がお出になる際の目印になるので、縁起のよい日、28日末広がり」にお正月飾りを飾りましよう。「一夜飾り」にしないために31日と、また九・苦のつく日である29日は避けましょう28日が都合が悪かったたら30日に飾りたいですね。

年末行事の最後は「大晦日」除夜の鐘を聞いて初詣に出掛け、「歳神様の訪れ」を寝ないで待つ日だったようです。「除夜の鐘」は、人間の百八つの煩悩を取り去つてくれるものとさせています。最後の一つだけ新年に打つのが決まりですから、「除夜の鐘」を聞くためには寝るわけにはいきません。

images3images2

そして「年越し蕎麦」を食べるのですが、年越しと言うのですから旧年と新年にまたがって食べるのが本来の形なのでしょう。最近は、大晦日の夕食に形を変えていることが多いようですが、年を越しながら食べる蕎麦の由来は・・・細く長く長寿を祈って、金運上昇(昔、金粉を集めるためにそば粉を利用したため)、切れやすいので苦労との縁を切る、等々「新年が良い年になるように多くの願い」が込められているそうです。

今年最後のブログになります。 本年12月28日まで営業 年明け1月8日より営業します。

このページのトップへ